メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読書日記

今週の筆者は劇作家・演出家、平田オリザさん 軍人と子規、対比に矜持見る

=東京都目黒区で、佐々木順一撮影

 *4月9日~5月13日

 ■坂の上の雲 一~八(司馬遼太郎著・1999年)文春文庫・702~756円

 軍人の秋山兄弟と俳人の正岡子規、伊予・松山出身の3人を軸に、近代国家として歩み出した明治期日本を描いた長編小説。最初は68~72年に新聞連載された。

 四月、大連外国語大学の招きで久しぶりに中国を訪れた。実は中国東北部を訪れたのは初めてだった。私がもっとも行ってみたかった場所の一つと言ってもいいかもしれない。

 空港に着き、その足ですぐに大連市内を案内してもらう。旧大連ヤマトホテルなど、満州時代、あるいはそれ…

この記事は有料記事です。

残り1412文字(全文1667文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「丸山氏早く辞め病院へ」松井一郎大阪市長 「完全に一線越えている。社会人として失格」
  2. 丸山衆院議員 聴取欠席へ 「女を買いたい」週刊誌報道、戦争発言など 自民、弁明提案
  3. 丸山氏に続き長谷川氏、舌禍相次ぐ維新 その背景は?
  4. ファーウェイ排除、中国世論沸騰 習主席は「持久戦」呼びかけ
  5. 丸山穂高氏、自民弁明要求に「体調不良で欠席」連絡 「女」発言

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです