カンヌ国際映画祭

新作競演

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 第72回カンヌ国際映画祭が14日(日本時間15日)、南仏のリゾート地、カンヌで開幕する。25日までの期間中、最高賞のパルムドールを競うコンペティション部門、独自性や作家性の強い作品が集まる「ある視点」部門など複数の部門で、計100作品以上の新作映画が上映される。

 コンペティション部門には世界各国の21作品が選出された。このうち、ゾンビを題材にしたジム・ジャームッシュ監督のコメディー映画「THE DEAD DON’T DIE」がオープニングで上映される。

 同部門では他に「パルプ・フィクション」など数多くのヒット作を持つクエンティン・タランティーノ監督の新作がノミネートされ、欧米の映画メディアが注目している。また、パルムドールを2回受賞している英国の社会派、ケン・ローチ監督、同じく2度のパルムドール受賞歴があるジャン・ピエール・ダルデンヌとリュック・ダルデンヌの両監督(ダルデンヌ兄弟)などの作品も出品される。同部門に初めて選出された監督はフランスの…

この記事は有料記事です。

残り269文字(全文698文字)

あわせて読みたい

注目の特集