メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キャンパる・すたこら

泥だらけの人生

 「早いうちに挫折しといたほうがいいよ」。中学生のときだったか、そんなことを言われた。もう誰の言葉かも覚えていないのに、いまだに頭の片隅にある。

 小学校の頃から成績は悪くなかった。中学受験もあっさりと合格。平穏に中高と過ごし、大学も第1志望の学校へ。順風満帆な人生だ。

 平穏無事なのはよいことだと思いつつ、時折あの言葉を思い出す。「挫折したほうがいい」。挫折を知らないということは挑戦を避けてきたということに違いない。こんな人生から何を絞り出せば良いのか。就職活動を始めたとき…

この記事は有料記事です。

残り359文字(全文597文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  2. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  3. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  4. 殺害された小4男児は英語好き、熱心に塾通い 朗らかで雰囲気明るく

  5. 「過去の歴史想起」外務省、かつて旭日旗で注意 五輪で容認と矛盾?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです