メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

宮崎観光ホテル

川端が愛した夕日 ドラマ原作取材、客室を保存へ

 宮崎などが舞台になったNHK連続テレビ小説「たまゆら」の原作を手掛けた作家、川端康成(1899~1972年)が、放送開始前年の64年に滞在した宮崎市のホテル5階の客室が当時の状態で保存されることになった。夕日に染まる川など景観を気に入った川端が滞在を延長したことで知られ、市民らの要望を受け、ホテル側が全面改装の計画を一部見直した。

 宮崎市中心部を流れる大淀川のほとりに54年に創業した「宮崎観光ホテル」。当時、運営会社の社員だった…

この記事は有料記事です。

残り457文字(全文674文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山田太郎票を山本太郎票に 静岡県富士宮市選管ミス 市民指摘で判明
  2. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)
  3. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  4. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」
  5. 質問なるほドリ 「政党要件」で何ができるの? 交付金や企業寄付受領 メディア露出増えそう=回答・吉井理記

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです