映画

障害者自立テーマに「道草 この街で暮らす」 伊勢で25~31日上映 /三重

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 重度の知的障害や、自分や他者を傷つける行動障害のある人が、入所施設や親元でなく、ひとり暮らしで自立することは現在の日本で可能なのか--。国の制度を活用しながら自立のあり方を模索する障害者と家族の姿を追ったドキュメンタリー映画「道草 この街で暮らす」が25~31日、伊勢進富座(伊勢市曽祢)で上映される。【尾崎稔裕】

 宍戸大裕監督(37)が2016年4月から2年をかけて撮影した。作品に登場するのは、知的障害や精神障害のある4人と、その家族。障害者の自立支援に取り組む3団体「NPO法人 自立生活センターグッドライフ」(東京都東久留米市)、「NPO法人 自立生活企画」(西東京市)、「練馬区介護人派遣センター」(東京都練馬区)のスタッフたち。

この記事は有料記事です。

残り1058文字(全文1379文字)

あわせて読みたい

ニュース特集