メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大和森林物語

/40 十津川の森は今/3 参詣道に残る「木馬」の記憶 /奈良

 十津川村の最南部、瀞峡(どろきょう)に近い玉置川集落。この谷あいに広がる集落から玉置神社に参詣するための道がある。神社のすぐ南にある松平集落(現在は消滅)につながるので「松平参詣道」と呼ばれるそうだ。

 「ここは世界遺産の熊野古道ルートには入っていませんが、熊野で最も美しい参詣道の一つですよ」

 そう話すのは、玉置川に暮らす「奥熊野かづら工房」の原秀雄さん。登り口まで案内してもらうと、滝があり渓流沿いに道が伸びていた。

 「熊野の参詣道はたいてい尾根筋に伸びるんですが、この道は珍しく渓流沿いなんです。だから水の音を聞き…

この記事は有料記事です。

残り811文字(全文1071文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮崎で竜巻か 車が横転、屋根も飛ぶ JRは停電、運転見合わせ

  2. ORICON NEWS 水川あさみが窪田正孝と結婚「互いに人としても役者としても尊敬」[コメント全文]

  3. ORICON NEWS 窪田正孝&水川あさみが結婚 正式発表「にぎやかで面白い家庭を」[コメント全文]

  4. 徳島、大分、熊本、宮崎で「レベル4相当」 台風17号、九州西側に

  5. 松尾貴史のちょっと違和感 台風15号が千葉県直撃 組閣を優先した「棄民」政権

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです