メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

美術展

家族3世代、多彩な570点 絵画やちぎり絵 浜田 /島根

来場を呼びかける大驛興次さん(右)と妻の千晶さん=島根県浜田市三隅町古市場で、田中昭則撮影

 浜田市三隅町古市場の石正美術館で、大正・昭和・平成生まれの家族5人が制作した「三世代美術展」が開かれている。ちぎり絵や水彩画など570点。

 同市金城町今福の大驛興次さん(60)が、母の綾子さん(95)が60歳から作り始めたちぎり絵が約700点集まったのを機に家族による合同作品展を計画。興次さんは水…

この記事は有料記事です。

残り127文字(全文277文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 反社会的勢力、第1次安倍政権で「定義」 今回は「その時々で変化」 ネットで疑問の声噴出

  2. コトバ解説 「アシカ」と「オットセイ」と「アザラシ」の違い

  3. 社説 NHK会長交代 政権との距離保つべきだ

  4. 安倍首相、名簿のシュレッダー処理「担当は障害者雇用の職員」と答弁 批判相次ぐ

  5. 「中村さんを守り切れず悔しかったと思う」 銃撃で犠牲の警備員遺族が涙

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです