メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

文化的な香り「再会」 倉敷・真備のジャズ喫茶「ごじとま」 10カ月ぶりオープン /岡山

注文を受けコーヒーをいれる高本明英さん=岡山県倉敷市真備町箭田で、戸田紗友莉撮影

 昨年7月の西日本豪雨で甚大な浸水被害を受けた倉敷市真備町地区にあるジャズ喫茶「ごじとま」が12日、店舗の改修を終えて営業を再開し、県内外から常連客らが集まった。店主の高本明英さん(66)は「長いような短いような、濃い10カ月だった。一番好きな豆を使って久しぶりに振る舞ったコーヒーを、常連さんが『うまい』と言ってくれたのがうれしかった」と喜びを語った。【戸田紗友莉】

 「ごじとま」は1980年に真備町箭田にオープン。京都の有名喫茶店で修業した高本さんと、妻の由美子さ…

この記事は有料記事です。

残り697文字(全文931文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 加藤浩次さん、大崎・岡本両氏退陣なければ「吉本やめる」
  2. 吉本興業、宮迫さんらの処分撤回 岡本社長、会見で謝罪
  3. 「著名人」当選は3人 最多得票れいわ・山本太郎氏、96万票獲得も落選
  4. 京アニ「社員の師匠」木上さん、なお不明 「キャラに生命」「あの優しい人が…」
  5. 吉本・岡本社長一問一答(1) 「つらい思いさせた、耳かたむけたい」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです