メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鹿野学園

障害者と家族支え50年 記念式典に160人出席 成人部新園舎完成も祝う /山口

完成した鹿野学園成人部の新しい園舎

 周南市鹿野下の社会福祉法人「鹿野学園」の開設50周年と、法人が運営する障害者支援施設「鹿野学園成人部」の新園舎完成を祝う式典が9日あった。約160人が参列し、障害者と家族を支えた学園の歩みを振り返り、新たな歴史の第一歩を踏み出したことを喜んだ。【松本昌樹】

 鹿野学園は1949年、新南陽市(現・周南市)の離島・仙島に開設された養護施設「希望の家」が前身。68年に現在の地に移転し「鹿野学園」と改称した。園には現在、知的障害などがある20~60代の男女88人が入所し、空き缶リサイクルなどの軽作業をしながら暮らしている。

 完成した新園舎は鉄骨造平屋一部2階建てで延べ床面積約2800平方メートル。利用者のプライバシーに配…

この記事は有料記事です。

残り344文字(全文654文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  2. 「桜を見る会、20年開催中止」安倍首相が説明の意思 衆参予算委で

  3. 「桜を見る会、気にくわない」安倍首相写るポスター損壊容疑 80歳男逮捕 兵庫

  4. 月夜に浮かぶ「青い池」 幻想的な光景に感嘆 北海道・美瑛

  5. 実は飲食物が予算案の3.5倍だった「桜を見る会」の「国会軽視」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです