メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鹿野学園

障害者と家族支え50年 記念式典に160人出席 成人部新園舎完成も祝う /山口

完成した鹿野学園成人部の新しい園舎

 周南市鹿野下の社会福祉法人「鹿野学園」の開設50周年と、法人が運営する障害者支援施設「鹿野学園成人部」の新園舎完成を祝う式典が9日あった。約160人が参列し、障害者と家族を支えた学園の歩みを振り返り、新たな歴史の第一歩を踏み出したことを喜んだ。【松本昌樹】

 鹿野学園は1949年、新南陽市(現・周南市)の離島・仙島に開設された養護施設「希望の家」が前身。68年に現在の地に移転し「鹿野学園」と改称した。園には現在、知的障害などがある20~60代の男女88人が入所し、空き缶リサイクルなどの軽作業をしながら暮らしている。

 完成した新園舎は鉄骨造平屋一部2階建てで延べ床面積約2800平方メートル。利用者のプライバシーに配慮した個室や、高齢になった利用者にも、また、介護者にも負担が少ない特殊浴槽などを備える。総事業費は約9億400万円。財源は利用者の高齢化に備え、地域の在宅の障害者も利用できる施設建設を目標として積み立てた自己資金約7億5800万円を充て、国と県からも約1億4600万円の補助金を受けた。

この記事は有料記事です。

残り201文字(全文654文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アート作品? 米ユタ州の砂漠で謎の金属柱発見 臆測が飛び交う

  2. 注目の裁判・話題の会見 社会に出て半年、「これから」だった25歳女性 座間9人殺害 11月10、11日公判詳報

  3. 白石被告、自白の理由は「部屋に証拠が残り観念」 座間9人殺害公判 被告人質問

  4. 注目裁判・話題の会見 名前すら聞かれなかった女子高生 座間9人殺害・11月2日公判詳報

  5. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです