菅官房長官

日朝無条件対話「変わらぬ」 ミサイル発射うけ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 菅義偉官房長官は13日の衆院決算行政監視委員会で、安倍晋三首相が条件を付けずに日朝首脳会談の実現を目指す姿勢を示していることについて、北朝鮮による9日の短距離弾道ミサイル発射後も「政府方針は変わらない」と明言した。北朝鮮への非難のトーンを抑える米国と歩調を合わせ、対話路線を維持する考えを示した。

 菅氏はその後の記者会見で、「拉致問題の…

この記事は有料記事です。

残り37文字(全文206文字)

あわせて読みたい

注目の特集