メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世論調査

ショートメールで 電話より若年層の回答増 埼玉大実験

 埼玉大学社会調査研究センターは調査会社「グリーン・シップ」と共同で、携帯電話のショートメール機能を利用した新たな世論調査の実験を行い、その結果を発表した。従来の手法に比べ、回答者の構成比は10代と20代の若年層が高くなったという。同センター長の松本正生教授は「対象者の都合にフィットした調査方式が、スマートフォンに慣れ親しんだ若い有権者に受け入れられているのだろう」と話している。

 実験は昨年4~12月に毎月1回、1500~2000件の回答回収を目標に計9回実施した。コンピュータ…

この記事は有料記事です。

残り383文字(全文624文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  2. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

  3. セブン「24時間」縮小、時短営業を本格実施 加盟店に指針配布

  4. 死因は脳挫滅 生きたまま東尋坊転落か 滋賀トランク監禁事件

  5. 40代後半「就職氷河期」支援なぜダメなの? 非正規、若年層より多いのに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです