メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トランプ米大統領

壁建設にミサイル費用 国防費転用 公約進展アピールか

 【ワシントン共同】米紙ワシントン・ポスト電子版は12日、トランプ大統領の看板政策であるメキシコ国境の壁建設費に転用する国防予算約15億ドル(約1650億円)に、大陸間弾道ミサイル(ICBM)や空中警戒管制機(AWACS)のプロジェクト費が含まれていると報じた。国防総省の文書を入手したとしている。

 大統領選が来年に迫る中、再選を目指すトランプ氏は、移民申請者の急増など国境は危機的状況にあると繰り返し訴えており、選挙公約である国境の壁建設の進展を支持層にアピールしたい考え。公約実現のために安全保障に必要な経費を切り崩すな…

この記事は有料記事です。

残り394文字(全文656文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 佐々木国交政務官、感染学生「どこに入社するのかな」とツイート

  2. 岐阜市のナイトクラブ関連の感染者18人に 客の精神科医の0歳娘も

  3. 首相、緊急事態宣言へ 新型コロナ感染拡大受け 6日に諮問委員会

  4. 安倍首相 緊急事態宣言発令、近く判断 官邸関係者「いつ出てもおかしくない」

  5. 佐々木国交政務官「国のせいにしないで」 新型コロナ拡大巡るツイートに批判の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです