メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トランプ米大統領

壁建設にミサイル費用 国防費転用 公約進展アピールか

 【ワシントン共同】米紙ワシントン・ポスト電子版は12日、トランプ大統領の看板政策であるメキシコ国境の壁建設費に転用する国防予算約15億ドル(約1650億円)に、大陸間弾道ミサイル(ICBM)や空中警戒管制機(AWACS)のプロジェクト費が含まれていると報じた。国防総省の文書を入手したとしている。

 大統領選が来年に迫る中、再選を目指すトランプ氏は、移民申請者の急増など国境は危機的状況にあると繰り返し訴えており、選挙公約である国境の壁建設の進展を支持層にアピールしたい考え。公約実現のために安全保障に必要な経費を切り崩すな…

この記事は有料記事です。

残り394文字(全文656文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  2. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  3. 実体験もとに性依存症を漫画化 なぜ作者は公表したのか

  4. 千葉県 37歳女性職員、病気休職中に風俗店勤務で処分

  5. 小4男児遺体 首には絞められたような痕 さいたま市見沼区

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです