メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「壁」と世界

第2部 空洞化する国家/中 旧体制の影響温存 ルーマニア経済停滞招く

革命後、経済の低迷が続くルーマニアで、銀行前の路上に座るホームレスの男性=ブカレストで2012年12月、AP

 1989年のルーマニア革命。四半世紀にわたり共産主義独裁体制を敷いたチャウシェスク大統領は市民デモの拡大で失脚したが、政権を握ったのはイリエスク元共産党書記(後に大統領)ら元共産党幹部と軍だった。政権樹立の背後にはデモに乗じたイリエスク氏らの謀略があったとの疑惑がある。この政変が「盗まれた革命」とも言われるゆえんだ。

 イリエスク氏は権力を握った当初から、旧体制の影響力を温存させるつもりだったとみられる。当時の軍内部…

この記事は有料記事です。

残り828文字(全文1038文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS NGT48加藤美南、不適切な投稿を謝罪「しっかりと反省」 研究生に降格処分も発表
  2. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  3. 元NGT山口さん放送に「チャンネル変えて」 投稿の加藤美南さん降格、全メンバーSNS停止
  4. 東京・新橋で5台絡む事故 子ども乗せた観光バスも
  5. 英・離脱党党首にシェーク 警察販売自粛要請

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです