パーデュー米農務長官

「日米交渉、先送りできぬ」 関税引き下げ求める

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
インタビューに答えるパーデュー米農務長官=東京都品川区で2019年5月13日
インタビューに答えるパーデュー米農務長官=東京都品川区で2019年5月13日

 パーデュー米農務長官が13日、東京都内で毎日新聞などのインタビューに応じた。パーデュー氏は日米貿易交渉について、「米国を他の協定国と同様にフェアに扱ってほしい。交渉の先送りはもうできない」と述べ、米国農産物の関税引き下げと早期の交渉妥結を日本側に求めた。

 貿易を巡っては、日本など11カ国が参加する環太平洋パートナーシップ協定(TPP)と、日本と欧州連合(EU)との経済連携協定(EPA)が相次いで発効。米国はTPPを離脱しており、日本に農産物を輸出する際はTPPやEPAの加盟国と比べ関…

この記事は有料記事です。

残り368文字(全文613文字)

あわせて読みたい

注目の特集