連載

焦点

ニュースの背景を解説、検証、深掘りリポート。

連載一覧

焦点

広がる米中対立の影 景気不透明感さらに、中国への輸出低迷響く

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
日経平均株価が前日比100円を超える安値を示す街頭のモニター=東京都中央区で2019年5月13日午前9時52分、吉田航太撮影
日経平均株価が前日比100円を超える安値を示す街頭のモニター=東京都中央区で2019年5月13日午前9時52分、吉田航太撮影

 内閣府が3月の景気動向指数(CI、速報値)で景気の基調判断を6年2カ月ぶりに「悪化」へ下方修正したのは、米中貿易戦争の影響で中国向け輸出が低迷し、国内の生産活動でも負の影響が広がっているためだ。政府は雇用・所得環境などが堅調と説明するが、貿易戦争は激化の動きをみせており、日本経済の先行き不透明感が強まっている。10月に予定される消費税増税を巡り、安倍政権内で延期論が広がる可能性もある。

 景気の現状を示す景気動向指数の一致指数は、鉱工業生産指数など9項目の指数を基に算出している。基調判断は「3カ月以上連続して下降」など、あらかじめ決められた基準に従って機械的に判断を下すのが特徴。9項目のうち4項目を占める生産・出荷の影響を強く受ける傾向がある。

この記事は有料記事です。

残り2104文字(全文2430文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集