メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

地球温暖化対策

気温上昇抑えると 50年1.6億人、飢餓リスク バイオ燃料に転作→食料価格上昇

 地球温暖化対策で、18世紀の産業革命前からの気温上昇を2度未満に抑える目標を達成しようとすると、2050年に1億6000万人が飢餓に陥る恐れがあるとのシミュレーション結果を、京都大などの研究チームがまとめた。バイオエネルギー用作物への農地の転換などで食料価格が最大4割上昇するといい、チームは途上国支援の重要性を訴える。論文が14日、英電子版科学誌「ネイチャー・サステナビリティー」に掲載される。【渡辺諒】

 国際ルール「パリ協定」が来年スタートし、気温上昇を2度未満に抑えるため各国がさまざまな対策を講じる…

この記事は有料記事です。

残り408文字(全文662文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS LiSA、鈴木達央との結婚発表「私たちなりに、これからの人生を想い」

  2. 宿泊キャンセル2215件 業務妨害容疑で母子逮捕 ポイント192万円分不正取得か

  3. 大津の園児死傷事故、判決言い渡しが異例の延期 弁護側「被告の体調厳しい」

  4. 首相の地元を歩く 「安倍か林か選べ」 下関で苛烈な自民の政争 「桜」前夜祭の参加者倍増を招いた市長選

  5. 「ホテル」「など」連発 首相は開き直った 「ご飯論法」上西教授と聞いた代表質問

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです