メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

単位価格見て上手に買い物

スーパーのしょうゆ売り場。値札の左下には100ミリリットル当たりのユニットプライスが表示されている=東京都江東区のイトーヨーカドーで、同社提供

 「100グラム100円」など、販売価格とは別に表示する一定量あたりの単位価格を「ユニットプライス」という。商品の比較や、価格を変えずに減量する「ステルス値上げ」を見破るのに役立つが、表記のルールはまちまちだ。

 ●容量減で「値上げ」

 東京都目黒区の主婦、内山ふさ子さん(76)は買い物の際、ユニットプライスをいつも確認している。この日は甘酒を買おうとJR目黒駅近くのスーパーに来て、800ミリリットル入りの大瓶と100ミリリットルの小瓶のどちらにしようか、単位価格を比較して考えていた。「表示があれば買い物の参考になる」と話す。

 品川区の会社員女性(38)は、手にとった特販品のトイレットペーパーが、1メートルに換算すると他の商…

この記事は有料記事です。

残り1204文字(全文1518文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS Hey! Say! JUMP、全国ツアー開催を見送り 一部ファンの迷惑行為の影響
  2. 「佐賀、北朝鮮のよう」自民・谷川議員が長崎新幹線めぐり発言
  3. 東京・池袋の暴走 1カ月 「50年無事故だったのに」 7年前女性死なせた運転者 能力低下、自覚遅れ
  4. 神羅万象チョコ 15年の歴史に幕 累計1億2575万個販売 7月に最終弾発売
  5. 丸山穂高議員、露に謝罪の維新を批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです