メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

単位価格見て上手に買い物

スーパーのしょうゆ売り場。値札の左下には100ミリリットル当たりのユニットプライスが表示されている=東京都江東区のイトーヨーカドーで、同社提供

 「100グラム100円」など、販売価格とは別に表示する一定量あたりの単位価格を「ユニットプライス」という。商品の比較や、価格を変えずに減量する「ステルス値上げ」を見破るのに役立つが、表記のルールはまちまちだ。

 ●容量減で「値上げ」

 東京都目黒区の主婦、内山ふさ子さん(76)は買い物の際、ユニットプライスをいつも確認している。この日は甘酒を買おうとJR目黒駅近くのスーパーに来て、800ミリリットル入りの大瓶と100ミリリットルの小瓶のどちらにしようか、単位価格を比較して考えていた。「表示があれば買い物の参考になる」と話す。

 品川区の会社員女性(38)は、手にとった特販品のトイレットペーパーが、1メートルに換算すると他の商…

この記事は有料記事です。

残り1204文字(全文1518文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ど迫力!金色の巨大ホワイトタイガー 埼玉・東武動物公園駅前 リアルわらアート

  2. 本能寺の変4日後 明智光秀直筆の文書、初公開 19日、1日限定 滋賀・多賀

  3. 「ニセモン」? これってアリ? 中国版ポケモンGOを現地でプレーしてみた

  4. ORICON NEWS 『ドラえもん』1巻、21世紀で最大の単月実売数 55.5万部「0巻」効果で新たなブーム

  5. 総額数億円?選手1人の不正だけで、なぜ高額配当連発 競艇八百長事件の仕組みを探る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです