メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊パラリンピック

パラスポーツ最前線 戦う集団へ厳格選考 競泳、派遣標準記録を設定

 2020年東京パラリンピックに向け、競技の現状に迫る「パラスポーツ最前線」の2回目は、競泳に焦点を当てた。日本身体障がい者水泳連盟は世界選手権(9月9~15日、ロンドン)の個人種目で優勝した選手を東京大会代表に内定する方針だ。障害の程度に応じたクラス分けの見直しが進む中、代表争いが注目される。【芳賀竜也】

 東京パラリンピックの競泳は男子76種目、女子67種目、混合3種目の計146種目で争われる。パラリン…

この記事は有料記事です。

残り1644文字(全文1848文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国人住民多い川口で注意喚起 飲食店に文書掲示

  2. ORICON NEWS 日本マクドナルド、史上初の『ごはんバーガー』3種誕生 人気メニューを“ごはん”でサンド

  3. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  4. 高齢女性が金づちで頭を殴られ搬送 男が逃走 大阪の路上

  5. 破産手続き開始の大沼が記者会見「お客様、関係者におわび」 全店舗で営業停止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです