特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

月刊パラリンピック

パラスポーツ最前線 戦う集団へ厳格選考 競泳、派遣標準記録を設定

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 2020年東京パラリンピックに向け、競技の現状に迫る「パラスポーツ最前線」の2回目は、競泳に焦点を当てた。日本身体障がい者水泳連盟は世界選手権(9月9~15日、ロンドン)の個人種目で優勝した選手を東京大会代表に内定する方針だ。障害の程度に応じたクラス分けの見直しが進む中、代表争いが注目される。【芳賀竜也】

 東京パラリンピックの競泳は男子76種目、女子67種目、混合3種目の計146種目で争われる。パラリンピックは細かくクラス分けされるため、東京五輪(35種目)の約4倍も種目が多い。例えば、男子100メートル背泳ぎは運動機能障害が7クラス、視覚障害は3クラス、そして知的障害クラスもあり、計11種目を行う。

この記事は有料記事です。

残り1543文字(全文1848文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集