メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊パラリンピック

トリビア2020 長野冬季大会が国内初 マスコットがピクトグラムに

 2020年東京パラリンピックの実施競技を示す23種類のピクトグラム(絵文字)が、4月13日に発表された。パラリンピックに競技ピクトグラムが初めて登場したのは1988年インスブルック冬季大会。国内では98年長野冬季大会以来2度目のお披露目となる。

 最近のピクトグラムは、東京大会のようにシンプルなデザインで競技の特徴を表現するのが一般的だ。しかし長野大会は、大会のシンボルマークを…

この記事は有料記事です。

残り287文字(全文477文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新たに25人感染 ほとんど経路不明 クルーズ船下船者が陽性 新型肺炎

  2. 新型コロナ「花見川区の中学校教諭り患」「安易に校名広げない配慮を」 千葉市長がツイート

  3. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

  4. クルーズ船下船後に女性が陽性、発熱 初のケース 栃木県発表 新型肺炎

  5. クルーズ船で厚労省が検査ミス 23人、健康観察期間中の感染調べず 症状はなし

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです