メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊パラリンピック

トリビア2020 長野冬季大会が国内初 マスコットがピクトグラムに

 2020年東京パラリンピックの実施競技を示す23種類のピクトグラム(絵文字)が、4月13日に発表された。パラリンピックに競技ピクトグラムが初めて登場したのは1988年インスブルック冬季大会。国内では98年長野冬季大会以来2度目のお披露目となる。

 最近のピクトグラムは、東京大会のようにシンプルなデザインで競技の特徴を表現するのが一般的だ。しかし長野大会は、大会のシンボルマークを…

この記事は有料記事です。

残り287文字(全文477文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「嵐フェス2020」収録中の花火で神宮球場の試合中断 ジャニーズおわび

  2. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  3. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

  4. 「世界の人々に感謝」 カナダ在住の被爆者サーロー節子さん、発効目前の核兵器禁止条約に

  5. #排除する政治~学術会議問題を考える 行革や効率性で「文句を言う人」飛ばす怖さ 菅政権の新自由主義 重田明大教授

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです