メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大嘗祭(だいじょうさい)

 新天皇が皇室の祖とされる天照大神(あまてらすおおみかみ)や神々に新穀を供え、自らも食べることで五穀豊穣(ほうじょう)や国の安寧などを祈る儀式。宮内庁によると、飛鳥時代の天武天皇の即位に伴って行われたのが初めての例。今回、中心的な儀式の「大嘗宮(だいじょうきゅう)の儀」は、1…

この記事は有料記事です。

残り108文字(全文258文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会前夜祭で首相説明「費用の明細書ない」「800人参加」「食事代の領収書ない」

  2. 悲願の憲法改正を次に渡すのか 「疲れた」首相が秘める終わり方の真意

  3. 待ち伏せの可能性 新潟女性殺害 執拗に深い刺し傷 強い殺意か 県警

  4. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  5. あんこう祭14万人 大洗・ガルパンイベントも盛況

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです