百舌鳥・古市古墳群

世界遺産へ 大山古墳など49基 イコモス勧告「登録が適当」 文化遺産、国内19件目

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
堺市の百舌鳥古墳群。手前は宮内庁が仁徳天皇陵として管理している大山古墳、右奥は百舌鳥陵山古墳(履中天皇陵)=2019年4月17日、本社ヘリから
堺市の百舌鳥古墳群。手前は宮内庁が仁徳天皇陵として管理している大山古墳、右奥は百舌鳥陵山古墳(履中天皇陵)=2019年4月17日、本社ヘリから

 文化庁は14日、日本が世界文化遺産に推薦していた「百舌鳥(もず)・古市(ふるいち)古墳群」(大阪府)について、登録の可否を事前に審査する国際記念物遺跡会議(イコモス、本部・パリ)が、国連教育科学文化機関(ユネスコ)に対し「登録が適当」と勧告したと発表した。6月30日~7月10日にアゼルバイジャンで開かれるユネスコ世界遺産委員会で正式決定し、世界文化遺産として登録される。

 文化庁によると、イコモスが登録を勧告した場合、同委員会でも認められる可能性が極めて高い。登録されれば、昨年6月に決まった「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」(長崎、熊本県)に続き、文化遺産として国内19件目。自然遺産はこれまでに「小笠原諸島」(東京都)などの4件が登録されている。

この記事は有料記事です。

残り612文字(全文943文字)

あわせて読みたい

注目の特集