メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

少年野球

毎日旗争奪こいのぼり大会 47チームが熱戦

 第19回毎日旗争奪こいのぼり少年野球大会(福岡少年野球連盟主催、毎日新聞社など後援)は3日、東区の雁の巣レクリエーションセンターで開幕し、4日までに4強が決まった。開会式では12連盟の47チームが元気に入場行進。選手を代表して長住少年野球部の梶原悠生主将が力強く宣誓した。毎日新聞社へり「オオルリ」が飛来し、始球式のボールを投下した後、デモンストレーション飛行もあり、球場を沸かせた。4強には三宅ブレーブス、壱岐南少年野球クラブ、福岡三苫ヤンキース、原北ウイングスが勝ち上がった。

 ※4、5日にあった準々決勝以降の結果は次回掲載予定。

この記事は有料記事です。

残り831文字(全文1099文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10~30代の死因1位は自殺 G7で日本のみがトップ
  2. 小堺一機さん、現金や300万円高級腕時計など窃盗被害 韓国籍の被告再逮捕
  3. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  4. 最新鋭マシンか伝統の技か 開票どちらが早く正確か 近づく参院選本番
  5. がん検診誤通知で女性死亡 「要精密検査」を「異常認めず」と 岐阜市

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです