維新・松井代表「丸山氏は議員辞職すべきだ」 党紀委員会で除名へ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
松井一郎氏=久保玲撮影
松井一郎氏=久保玲撮影

 日本維新の会の丸山穂高衆院議員(35)=大阪19区=が北方領土返還について「戦争をしないとどうしようもなくないか」などと発言した問題について、維新代表の松井一郎大阪市長は14日、「国会議員としての一線を越えた。これまで北方領土返還に向けて尽力してきた全ての皆さんの行為を踏みにじる発言で、辞職すべきだ」と述べ、丸山氏の議員辞職を促した。同党は、同日中に党紀委員会を開き、丸山氏の除名処分を決める見通しだ。

 大阪市役所で記者団の取材に答えた。松井氏は「党代表として心からおわびしたい」と謝罪。「北方領土問題にも悪影響を及ぼす可能性がある」と認めたうえで、政府の外交ルートで謝罪と交渉継続を要請してほしいとした。

この記事は有料記事です。

残り454文字(全文759文字)

あわせて読みたい

注目の特集