丸山議員「戦争しないとどうしようもなくないか」 元島民との主なやりとり

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
「戦争」発言の翌12日午後、北方領土の国後島古釜布の「友好の家」で団員に対し謝罪する丸山穂高衆院議員=同行記者団撮影
「戦争」発言の翌12日午後、北方領土の国後島古釜布の「友好の家」で団員に対し謝罪する丸山穂高衆院議員=同行記者団撮影

 日本維新の会の丸山穂高衆院議員(35)=大阪19区=が国後島訪問中の11日夜、北方領土問題について元島民の男性に「戦争をしないとどうしようもなくないか」「(戦争をしないと)取り返せない」などと発言した問題。丸山議員と男性との主なやりとりは次の通り。

丸山議員と元島民の主なやりとり

 丸山氏「団長は、戦争でこの島(国後島)を取り返すのは賛成ですか、反対ですか」

この記事は有料記事です。

残り450文字(全文629文字)

あわせて読みたい

ニュース特集