メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

強引に右折、ウインカー出さない…「松本走り」やめて!! 市長が注意喚起

菅谷昭・松本市長=近藤隆志撮影

 長野市松本市内で「松本走り」と称される自動車運転マナーの悪さが指摘されていることに関し、菅谷昭市長は13日の定例記者会見で、大津市の園児死傷事故に触れ「悲しい事故を教訓にして、市民の皆さんに改めて余裕を持って、ルール通りのマナーのいい運転をしてほしい」と呼び掛けた。

 「松本走り」とは、対向車がいるのに強引に右折▽対向車が左折するすきを見て、ほぼ同時に右折▽ウインカーを出さず進路を変更――などが特徴。松本は城下町で狭い路地が多く、市街地が渋滞しやすいため、強引に急ごうとするドライバーが多いとみられる。

 市は3月に市民に配布した「広報まつもと」3月号に「知っていますか?松本走り」と題した特集を掲載。「県外からの旅行者などから、『危険』『マナーが悪い』と指摘されている」とし、交通ルールの再確認や譲り合う運転を呼び掛けた。

 菅谷市長は、不注意な右折が原因とみられる大津市の事故について「事故に遭った人が一番気の毒だが、起こした人も一生を尾を引くと思う」と指摘。「『松本走り』が根付いているなら残念なことで、直していかなければならない。『品格のある町をつくりたい』とずっと言ってきたので市民、ドライバーにはしっかり考えてもらいたい」と述べた。【小川直樹】

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 元吉本新喜劇座長で喜劇役者 木村進さん死去、68歳
  2. バーガーキング大量閉店も「撤退の予定ありません」 新たな20店舗はどこに?
  3. 大きな虹 福岡の空に
  4. ORICON NEWS Hey! Say! JUMP、全国ツアー開催を見送り 一部ファンの迷惑行為の影響
  5. 「高プロ」適用、全国で1人だけ 開始1カ月

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです