メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界遺産

終戦後、宅地造成で古墳破壊の危機 「俺らが守る」86歳、若き日の志

いたすけ古墳の前で保存運動について語る宮川徏(すすむ)さん=堺市北区で2019年4月18日、加古信志撮影

 国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に、大阪府の「百舌鳥(もず)・古市(ふるいち)古墳群」(堺、羽曳野、藤井寺各市)を登録するよう、ユネスコの諮問機関「国際記念物遺跡会議」(イコモス)が勧告した。百舌鳥古墳群の「いたすけ古墳」(堺市北区)は、高度成長期に破壊の危機にさらされた。保存に関わった男性は「ここまで来るとは思わなかった」と感慨深げに語った。

 周濠(しゅうごう)に架かる壊れた橋は、土砂運搬工事の名残だ。いたすけ古墳を守った若き考古学者らによ…

この記事は有料記事です。

残り1021文字(全文1252文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  3. 職場で体調崩し、女性は死亡した 119番まで「3時間40分」早められたのか

  4. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  5. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです