「鳳凰堂写真を無断でパズルに」平等院が玩具会社提訴 被告は争う構え

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
平等院鳳凰堂。パズルもほぼ同じ構図となっている=京都府宇治市で2018年11月、川平愛撮影
平等院鳳凰堂。パズルもほぼ同じ構図となっている=京都府宇治市で2018年11月、川平愛撮影

 世界遺産・平等院(京都府宇治市)の国宝・鳳凰(ほうおう)堂を撮影した写真が無断でジグソーパズルに使用され、寺院としての社会的評価が下がったとして、平等院が玩具会社「やのまん」(本社・東京都)に販売差し止めや在庫の廃棄などを求める訴訟を京都地裁に起こした。14日に第1回口頭弁論があり、同社は争う姿勢を示した。

 提訴は3月29日付。訴状などによると、同社は夜間拝観時にプロの写真家が境内で撮影した写真を使ったジグソーパズル「月夜に浮かぶ平等院(京都)」(26センチ×38センチ、1620円)を製作販売した。

この記事は有料記事です。

残り540文字(全文793文字)

あわせて読みたい

注目の特集