メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西武、一部の試合に「遅割」 開始1時間後から半額

メットライフドーム=本社ヘリから小川昌宏撮影

 プロ野球・埼玉西武ライオンズは7月から、本拠地メットライフドーム(所沢市)で平日に行われる一部の試合について、開始1時間後から半額で観戦できるスマートフォン限定の「遅割(おそわり)チケット」を導入する。

 仕事などで開始に間に合わなかったり、試合経過によって近くの人が急きょ観戦を考えたりする場合の利用を想定する。

 対象は球団が指定する平日の料金設定が「バリュー」「スタンダード」の試合で、座席は内野指定S、Cの2種類。試合の1週間前から試合開始2時間後まで、前売り価格の半額で購入できる。

この記事は有料記事です。

残り178文字(全文423文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京で新たに131人感染 20代と30代で約100人

  2. 木村花さんが死の前に母に告白したフジテレビの「あおり」とは 被害者からの反論

  3. 小池都知事「不要不急の他県への移動は控えて」 3日連続で感染者100人超

  4. 大阪で新たに17人の感染確認、16人が10~30代 京都でも9人

  5. ORICON NEWS 『天才!志村どうぶつ園』16年の歴史に幕 10月から相葉雅紀MCの新番組

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです