京マチ子さん死去 「羅生門」 50~60年代の邦画に欠かせぬ存在

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
京マチ子さん
京マチ子さん

映画「羅生門」や「雨月物語」に出演し、海外の映画祭で賞を獲得するなど国際的に活躍した女優の京マチ子(きょう・まちこ、本名・矢野元子=やの・もとこ)さんが12日、心不全のため東京都内で死去した。95歳。14日、密葬を営んだ。

 大阪生まれ。1936年に大阪松竹少女歌劇団(後のOSK日本歌劇団)に入団し、娘役として人気に。49年に大映で女優デビューした。

 内面の動きをくっきりと浮かび上がらせる大きな瞳と、ダンスで鍛えたしなやかな体から発散されるエロチシズムが相まって一躍、スター街道を駆け上がる。「羅生門」(黒沢明監督)はベネチア国際映画祭グランプリ、アカデミー最優秀外国語映画名誉賞に選ばれ、「雨月物語」(溝口健二監督)はベネチア国際映画祭サン・マルコ銀獅子賞第1席、「地獄門」(衣笠貞之助監督)はカンヌ国際映画祭グランプリ、アカデミー名誉賞、自身も…

この記事は有料記事です。

残り416文字(全文791文字)

あわせて読みたい

ニュース特集