メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

京マチ子さん死去 「羅生門」 50~60年代の邦画に欠かせぬ存在

京マチ子さん

映画「羅生門」や「雨月物語」に出演し、海外の映画祭で賞を獲得するなど国際的に活躍した女優の京マチ子(きょう・まちこ、本名・矢野元子=やの・もとこ)さんが12日、心不全のため東京都内で死去した。95歳。14日、密葬を営んだ。

 大阪生まれ。1936年に大阪松竹少女歌劇団(後のOSK日本歌劇団)に入団し、娘役として人気に。49年に大映で女優デビューした。

 内面の動きをくっきりと浮かび上がらせる大きな瞳と、ダンスで鍛えたしなやかな体から発散されるエロチシズムが相まって一躍、スター街道を駆け上がる。「羅生門」(黒沢明監督)はベネチア国際映画祭グランプリ、アカデミー最優秀外国語映画名誉賞に選ばれ、「雨月物語」(溝口健二監督)はベネチア国際映画祭サン・マルコ銀獅子賞第1席、「地獄門」(衣笠貞之助監督)はカンヌ国際映画祭グランプリ、アカデミー名誉賞、自身も…

この記事は有料記事です。

残り416文字(全文791文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  2. 日本新薬が逃げ切る TDKは1点差に迫るもあと1本が出ず 都市対抗

  3. ソフトバンクの選手が付けている目の下の「黒いアレ」って何?

  4. 経路不明急増、保健所パンク…「日本モデル」もう限界 「政府も危機感共有を」

  5. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです