メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

疑問氷解

学校で習う漢字はどうやって決まるのですか。

4年生でならうことになった漢字

[PR]

学年別漢字配当表

 Q 学校がっこうなら漢字かんじはどうやってまるのですか。(東京都江戸川区とうきょうとえどがわくしょう1)

くに役所やくしょめる 生活せいかつ勉強べんきょうわせ

 A たしかに漢字かんじはたくさんあります。漢字かんじ辞書じしょおおきなものには5まんえる漢字かんじがのっています。パソコンやスマートフォンで使つか漢字かんじには、ひとひとつに「コード」とばれる番号ばんごうけられています。コードがいている漢字かんじだけでも1まんえます。

 たくさんある漢字かんじなかで、小学校しょうがっこうまなぶのは、常用漢字じょうようかんじばれる2136なかからえらんだ1026です。この1026は「教育漢字きょういくかんじ」とばれています。

 では、まず常用漢字じょうようかんじとはどんな漢字かんじでしょう。

 漢字かんじ使つかってかれた文章ぶんしょうつたうには、ひとひとおな漢字かんじっているほうつたわりやすくなります。そこで文化庁ぶんかちょうというくに役所やくしょ専門家せんもんか意見いけんをもとに「常用漢字表じょうようかんじひょう」という漢字かんじのリストを用意よういしています。「常用漢字じょうようかんじ以外いがい使つかってはいけません」というルールではなく、簡単かんたんうと、っておきたい漢字かんじ目安めやすとされています。

 小学校しょうがっこう常用漢字じょうようかんじのおよそ半分はんぶんにあたる教育漢字きょういくかんじまなぶことは、文部科学省もんぶかがくしょうというくに役所やくしょつくった「学習指導要領がくしゅうしどうようりょう」のなかさだめられています。学習指導要領がくしゅうしどうようりょうは、学校がっこうまな内容ないよう目標もくひょうしめしたもので、中央教育審議会ちゅうおうきょういくしんぎかいという会議かいぎ専門家せんもんからの意見いけんいてつくっています。

 学習指導要領がくしゅうしどうようりょう義務教育ぎむきょういくわる中学校ちゅうがっこう卒業そつぎょうまでにほとんどの常用漢字じょうようかんじめるようになり、小学校しょうがっこうなら教育漢字きょういくかんじ自由じゆうけるようにするとしています。がくねんべつ漢字かんじ配当はいとうひょうというものもいていて、小学校しょうがっこうのどのがくねんでどの漢字かんじまなぶかがしめされています。

 文部科学省もんぶかがくしょうによると、がくねんべつ漢字かんじ配当はいとうひょうつくるときには、がくねんごとのどもたちの生活せいかつや、国語こくごだけでなく科目かもく勉強べんきょうなどで、めたりけたりする必要ひつようがある漢字かんじえらんでいるそうです。

18年度ねんど見直みなお

 じつ教育漢字きょういくかんじがくねんべつ漢字かんじ配当はいとうひょう最近さいきん見直みなおされたところです。あたらしい学習指導要領がくしゅうしどうようりょうは2020ねんから学校がっこう使つかうことになっていますが、漢字かんじ見直みなおしは一足ひとあしさきに18ねんから学校がっこう勉強べんきょうれられています。この変更へんこう教育漢字きょういくかんじは20え、がくねんべつ配当はいとうひょうわりました。社会科しゃかいか都道府県とどうふけんについてなら小学しょうがくねんせいで、すべての都道府県とどうふけん漢字かんじまなぶことにしたのです。

 かつては社会科しゃかいか都道府県とどうふけんめいテストで「すべて漢字かんじきなさい」と先生せんせい指示しじがあると、「ならっていないのになあ」と反発はんぱつするもいました。記者きしゃもそんな一人ひとりですが、そんな文句もんくは、いにくくなったようです。【望月もちづき麻紀まき


どのけん漢字かんじかな?

※2018ねんから小学しょうがくねん でならうことになった漢字かんじ

以前いぜん小学しょうがくねんならっていたもの

賀 群 徳 富

以前いぜん小学しょうがくねんならっていたもの

以前いぜん中学校ちゅうがっこうならっていたもの

茨 媛 岡 潟 岐 熊 香 佐 埼 崎

滋 鹿 縄 井 沖 栃 奈 梨 阪 阜

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿区、困窮者に退出促す ホテル滞在、東京都の延長知らせず

  2. 「どんな思いで亡くなられたのか」めぐみさんの同級生、声を詰まらせ 横田滋さん死去

  3. 「民度が違う」発言で麻生氏がさらした決定的な事実誤認とは

  4. ORICON NEWS 生田斗真&清野菜名が結婚発表「お互いを支え合いながら共にこの危機を乗り越え」

  5. 自衛隊員の「テンピン停職」知りながら…法務省、黒川氏処分の「参考にせず」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです