特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

パラアスリート交差点

車いすバスケ・鳥海連志「やってみる」クラブチームは「楽しみながら上を目指す」場所

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
相手とボールを奪い合う鳥海連志(左)=インドネシア・ジャカルタで、久保玲撮影
相手とボールを奪い合う鳥海連志(左)=インドネシア・ジャカルタで、久保玲撮影

 天皇杯を懸けた車いすバスケットボールの日本選手権が10~12日、東京・武蔵野の森総合スポーツプラザで開催され、僕の所属するパラ神奈川スポーツクラブ(SC)は前回の5位から4位に順位を上げました。でも、チームは優勝を目標に練習を積み重ねてきたので、さらにレベルアップを図りたいと思います。

 パラリンピックや世界選手権などで注目される日本代表とは異なり、クラブチームでの活動はあまり知られていないかもしれませんが、僕の車いすバスケの原点です。最初に練習を見学した佐世保クラブでのプレーは、今でも目に焼き付いています。今回は日本代表とはひと味違うクラブチームの日常を紹介したいと思います。

 藤沢市に拠点を置くパラ神奈川SCは、スタッフを含め約20人で活動しています。日本代表の古沢拓也もチームメートです。僕が長崎県から首都圏に拠点を移す際、プレーするクラブチームの候補をいくつか検討しました。決め手になったのは、自分の持ち味を生かせるフリーなバスケットスタイルを継続できる点でした。もちろんどのチームでもバスケが勝負事であることに変わりはありませんが、クラブチームには「楽しんでバスケがで…

この記事は有料記事です。

残り1239文字(全文1731文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集