特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

オリパラこぼれ話

過去の珍しい競技・種目 綱引きや芸術競技なども

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
1908年の第4回ロンドン大会で行われた綱引き=映画「東京オリンピックへの道」から
1908年の第4回ロンドン大会で行われた綱引き=映画「東京オリンピックへの道」から

 来年7月に開幕する東京五輪大会は過去最多の33競技339種目で競われる。8競技43種目で始まった近代五輪は、第1回アテネ大会(1896年)から120年以上の歴史が刻まれる中、珍しい競技・種目も存在した。

 まずは運動会でおなじみの「綱引き」。陸上種目のひとつとして第2回パリ大会(1900年)から第7回アントワープ大会(20年)まで、戦争で中止になった第6回ベルリン大会(16年)を除き、5大会実施した。1チーム8人などで競ったが、ひとつの国から複数チームが出場可能だったため思わぬ出来事も起きた。第3回セントルイス大会(04年)では開催国の米国の4チームと南アフリカ、ギリシャの計6チームが出場し、米国が1~4位まで独占した。次のロンドン大会(08年)でも5チーム中、3チームの英国が1~3位を勝ち取った。

 近代五輪初期に数大会だけ開催された競技・種目もあった。パリ大会では助走を付けずにその場でジャンプする立ち高跳びや立ち幅跳び、立ち三段跳びがあった。立ち高跳びと立ち幅跳びは4大会、立ち三段跳びは2大会で実施。ほかには、ラクロスが2大会、モーターボートは1大会のみで行われた。ポロはパリ大会から第11回ベルリン大会(36年)までに廃止と復活を繰り返し、計5大会で実施された。

この記事は有料記事です。

残り482文字(全文1022文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集