メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

<SUNDAY LIBRARY>

岡崎 武志・評『殴り合いの文化史』『世にも美しき数学者たちの日常』ほか

今週の新刊

◆『殴り合いの文化史』樫永真佐夫・著(左右社/税別3700円)

 ソクラテス、ドストエフスキー、鉄腕アトム、三島由紀夫、たこ八郎と並べて、共通点が分かるだろうか。樫永真佐夫『殴り合いの文化史』に登場する人物で、彼らは殴り合った。これこそ古来より、人間の根源的な行為だというのだ。

 著者は、リングに立ったこともある人類学者。ボクシング史を中心に、スポーツ、娯楽、民俗学、動物行動学ほかを横断し「きわめて『人間的』な」拳のぶつかり合いを考察していく。

 ボクシングが「野蛮」という批判には、そこには他人への痛みに対する共感があり、その感性に「殴り合い」…

この記事は有料記事です。

残り1522文字(全文1799文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

  2. 「スマホで錬金術」通信販売業者に業務停止命令 全国で7億円超の売り上げ

  3. 「元の生活に戻れない」特殊詐欺で無罪確定の大学生 勾留10カ月で留年

  4. 高2、転倒の80代男性を介抱 徒歩で1時間、灯油タンク持ち送り届ける

  5. 河井案里議員に「裏切られた」 車上運動員紹介の広島県議を任意聴取 広島地検

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです