メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

<SUNDAY LIBRARY>

著者インタビュー 小島慶子『さよなら!ハラスメント』

怒って、気づいて、声をあげる 「黒」の中の「白」を一人にしない

◆『さよなら!ハラスメント』小島慶子・著(晶文社/税別1750円)

 ハラスメントは力の差のある場で発生する。弱い者は、ときにより弱い者を求め、暴力が連鎖していくことがある。

 「連鎖の果てにいるのが性暴力の被害者です。そこから声をあげた人たちが世の中を動かした」と「#MeToo」運動を振り返る。変化に揺れる社会を考える対話が、本書にまとまった。

「財務事務次官のセクハラとメディアのあり方についての集会で知り合った編集者が、ハラスメントに関する対…

この記事は有料記事です。

残り1198文字(全文1451文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「不明管」で高額の水道料金、兵庫の男性が提訴 各地に存在か
  2. ORICON NEWS 顔面やけどのGLAY・TERU、イベント欠席をメンバーイジる 本人は謝罪の手紙も…
  3. 千葉県北東部で震度5弱 津波の心配なし
  4. 「お前は横綱になれる」 朝乃山、死の病床から励ましくれた恩師に捧げる初優勝
  5. 朝乃山が初優勝、三役未経験では58年ぶり 栃ノ心は大関復帰

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです