メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

<SUNDAY LIBRARY>

著者インタビュー 小島慶子『さよなら!ハラスメント』

怒って、気づいて、声をあげる 「黒」の中の「白」を一人にしない

◆『さよなら!ハラスメント』小島慶子・著(晶文社/税別1750円)

 ハラスメントは力の差のある場で発生する。弱い者は、ときにより弱い者を求め、暴力が連鎖していくことがある。

 「連鎖の果てにいるのが性暴力の被害者です。そこから声をあげた人たちが世の中を動かした」と「#MeToo」運動を振り返る。変化に揺れる社会を考える対話が、本書にまとまった。

「財務事務次官のセクハラとメディアのあり方についての集会で知り合った編集者が、ハラスメントに関する対…

この記事は有料記事です。

残り1198文字(全文1451文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アニメ「エヴァンゲリオン」制作会社に放火予告 容疑で岡山の無職男逮捕

  2. スバル、群馬で完成車生産停止 部品調達先に浸水被害

  3. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  4. 山梨のキャンプ場で不明の美咲さん 両親が新たに写真と動画を公開

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです