メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

<SUNDAY LIBRARY>

著者インタビュー 小島慶子『さよなら!ハラスメント』

◆『さよなら!ハラスメント』小島慶子・著(晶文社/税別1750円)

 ハラスメントは力の差のある場で発生する。弱い者は、ときにより弱い者を求め、暴力が連鎖していくことがある。

 「連鎖の果てにいるのが性暴力の被害者です。そこから声をあげた人たちが世の中を動かした」と「#MeToo」運動を振り返る。変化に揺れる社会を考える対話が、本書にまとまった。

「財務事務次官のセクハラとメディアのあり方についての集会で知り合った編集者が、ハラスメントに関する対談集を出さないかと提案してくれました。話を聞きたいと思った相手は、もともと仕事などで繋(つな)がっていた人たちでしたが、皆さん忙しいし、2時間の対談なんて断られるかなと思っていたら、快く引き受けてくださったんです」

この記事は有料記事です。

残り1122文字(全文1451文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  2. 「共働きなのにパニックだ」 突然の一斉休校、保護者ら衝撃 収入は、子の安全は…

  3. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

  4. 「社会が崩壊しかねない」 熊谷・千葉市長がツイート 小中高休校要請巡り

  5. 部活は?受験は?卒業式は? 子供も保護者も、不安の“つぶやき” 首相休校要請

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです