メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

現役最年長力士 48歳の華吹 「昭和、平成、令和」で白星(スポニチ)

[PR]

夏場所2日目(2019年5月13日 両国国技館)

 現役最年長48歳の西序ノ口4枚目・華吹(はなかぜ、立浪部屋、写真)が3つの元号で本場所の土俵に立った。

 86年(昭61)春場所初土俵で、今場所は自身の持つ史上最多記録を更新する199場所目。32歳年下の16歳の松ケ島(高田川部屋)を右上手投げで退け、通算639勝目を挙げた。

 それでも「何もありません。すみません」と武骨な男は多くを語らなかった。最高位は三段目で、28日には49歳の誕生日を迎える。初土俵が1年遅い師匠の立浪親方(元小結・旭豊)は「最後まで頑張ってほしい」とエールを送った。(スポニチ)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  2. 地下アイドルに強制わいせつ致傷容疑 26歳ファン逮捕 自宅前で待ち伏せ

  3. 高齢者事故「娘の死は殺人」 発生3年、母が制度改正訴え活動

  4. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出

  5. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです