メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 新年度のはじめ本学では専任職員の研修をおこない、私も講話をする。今年はダイバーシティーについても話した。新入職員のひとりが「私たちはいま服装をほぼ統一しています。振る舞いなどもそうです。これらが多様でもよいということになったら、無秩序になりませんか?」と質問した。

 多くの人が目撃するように、新卒採用された社員たちは濃紺のスーツを着て男性はネクタイをしめ、多くの女性がスカートをはく。いわば研修着である。本学ではその上に、立ち居振る舞いまで教える。組織の伝統ともいうべきもので、大学の印象を守ろうと人事課が懸命におこなってきた。

 新入職員の質問は、研修で教わる統一的な振る舞いと総長の言う多様性には矛盾があるのではないか、という…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 死刑確定になった控訴取り下げ その「なぜ」 山田死刑囚が記者に答えた 寝屋川中1殺害
  2. ORICON NEWS NGT48加藤美南、不適切な投稿を謝罪「しっかりと反省」 研究生に降格処分も発表
  3. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  4. 突然の幕切れに関係者困惑 「真相解明の道閉ざされた」 寝屋川中1殺害
  5. 「もうどうでもいいと思った」山田被告語る 控訴取り下げで死刑確定 寝屋川中1殺害

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです