「<和>のやきもの」展

炎と土のせめぎ合い 「六古窯」の作品紹介

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
常滑窯の「大壺」=出光美術館蔵
常滑窯の「大壺」=出光美術館蔵

 日本の六つの代表的なやきものの産地に注目した「六古窯-<和>のやきもの」展が、東京・日比谷の出光美術館で開かれている。古代から近世までの力強い作品が並び、炎と土のせめぎ合いを目にできる。

 「六古窯」とは、瀬戸、常滑、越前、信楽、丹波、備前という平安時代後期から現代まで続く窯業地のこと。本展では、中…

この記事は有料記事です。

残り121文字(全文271文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集