メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
ニッポンへの発言

キーワード 天皇陛下と私=中森明夫

結婚祝賀パレードでオープンカーから手を振る皇太子さま(当時)と雅子さま=東京・千代田区の最高裁判所前で1993年6月9日午後(代表撮影)

 平成が終わり、令和が始まった。生前退位により、新しい天皇陛下が誕生した。新天皇は、私と同い年だ。感慨深い。私のような田舎の酒屋の次男坊でも、幼い頃はオフクロが洋品店で買ってきた“宮様ルック”とやら、蝶(ちょう)ネクタイと半ズボンのコドモ紳士服を着せられたものだ。同世代には1963年の誘拐事件で殺害された吉展ちゃんもいて、知らない人についていくな、と親に言われた。翌64年の東京オリンピックは4歳の時だ。うっすらとした記憶しかない。小学校へ入ると、テレビで「ウルトラQ」や「ウルトラマン」が始まり、怪獣ブームになる。浩宮様(現陛下)も買ったという『怪獣図鑑』を親にねだった。

 70年、大阪での万博は10歳の時。『ニャロメの万博びっくり案内』というガイド本をボロボロになるまで…

この記事は有料記事です。

残り1253文字(全文1591文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 水質は最悪の「レベル4」 パラトライアスロンW杯スイム中止

  2. サラリーマン川柳 叱っても 褒めても返事は 「ヤバイッス!」

  3. 飛び降りようとした女子中学生、引き留めた男性に感謝状 福岡・宗像

  4. 高校野球 星稜・林監督「奥川、末恐ろしい。こんな選手には一生めぐり合わない」

  5. 「世間に疲れた」 秋葉原事件にも共感 孤立深めた京アニ放火容疑者

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです