メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニッポンへの発言

キーワード 天皇陛下と私=中森明夫

結婚祝賀パレードでオープンカーから手を振る皇太子さま(当時)と雅子さま=東京・千代田区の最高裁判所前で1993年6月9日午後(代表撮影)

 平成が終わり、令和が始まった。生前退位により、新しい天皇陛下が誕生した。新天皇は、私と同い年だ。感慨深い。私のような田舎の酒屋の次男坊でも、幼い頃はオフクロが洋品店で買ってきた“宮様ルック”とやら、蝶(ちょう)ネクタイと半ズボンのコドモ紳士服を着せられたものだ。同世代には1963年の誘拐事件で殺害された吉展ちゃんもいて、知らない人についていくな、と親に言われた。翌64年の東京オリンピックは4歳の時だ。うっすらとした記憶しかない。小学校へ入ると、テレビで「ウルトラQ」や「ウルトラマン」が始まり、怪獣ブームになる。浩宮様(現陛下)も買ったという『怪獣図鑑』を親にねだった。

 70年、大阪での万博は10歳の時。『ニャロメの万博びっくり案内』というガイド本をボロボロになるまで…

この記事は有料記事です。

残り1253文字(全文1591文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  2. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  3. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

  4. お年玉付き年賀はがき当選番号決まる 特賞に五輪チケット

  5. オリオン座ベテルギウス、寿命が尽き超新星爆発?異常な暗さにネット上で臆測 専門家は否定

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです