メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

あるき旅

沖縄本土復帰47年、「基地ない島」願い行脚 報道写真家・石川文洋さん、日本縦断

「あるき旅」で淀川左岸の土手を進む石川文洋さん=大阪府守口市内で2019年2月28日、高尾具成撮影

 ベトナム戦争の従軍取材などで知られる報道写真家、石川文洋(ぶんよう)さん(81)=長野県諏訪市=が日本縦断の「あるき旅」に挑んでいる。現在地は熊本県。間もなく土を踏むことになる古里・沖縄では、県民投票で7割超が反対したにもかかわらず、米軍普天間飛行場の辺野古移設に伴う埋め立て工事が続く。15日は本土復帰から47年。「基地のない平和な島を」。切なる願いを胸に、一歩ずつゴールを目指す。【高尾具成】

 石川さんは那覇市首里生まれ。4歳で本土に移住した。当時のあだ名は「オキナワ」だったという。予備校生…

この記事は有料記事です。

残り847文字(全文1096文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風19号 「公邸待機」の安倍首相批判を問う

  2. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  3. 北海道警ヤジ排除「法的根拠なく違法逮捕」元道警方面本部長・原田氏 発生3カ月 

  4. ORICON NEWS 令和初の高校サッカー応援歌は史上初づくし デビュー前の現役高1生・三阪咲を抜てき

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです