メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

白寿の俳人・伊丹三樹彦さん 自他への愛に満ちた世へ 戦争など要らぬ 覚悟を詠み続ける

「俳句は日常生活や人生そのもの。尽きることはありませんよ」と語る俳人の伊丹三樹彦さん=兵庫県尼崎市の自宅で、高尾具成撮影

俳句一生 わが和魂に 下令して

「平成・完」 字幕に拍手 館内は

 <自らの仇(あだ)名は 超季句泉翁(ちょうきくせんおう)>

 この春、白寿を迎えた大正生まれの俳人、伊丹三樹彦さん(99)=兵庫県尼崎市=が精力的な創作活動を続けている。日に数十句を作り、主宰する句会で月5回指導にあたる。「俳句は海を越え、四季のない海外にも広がる。季語にとらわれず、泉のようにあふれ出る思いを詠み続けたい。翁としてね」。昭和、平成を越えて令和の時代を迎え、自由な表現はますます広がる。【高尾具成】

 伊丹さんは、言葉と言葉の間をあける「分かち書き」や、写真と俳句が融合した「写俳(しゃはい)」運動の…

この記事は有料記事です。

残り1317文字(全文1605文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. おげんさんといっしょ 「#おげんさん」再び世界トレンド1位に 第3弾もSNS大盛り上がり

  2. NZ監督警戒「日本が組み合わせの反対側なのは幸運」 ティア1と認識

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. ORICON NEWS 上戸彩、第2子出産後初公の場 変わらぬ美貌&スタイル披露

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです