曜変天目

斑文きらめく小宇宙 国宝3碗、奈良・滋賀・東京で同時公開

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
国宝「曜変天目茶碗」中国・南宋時代、藤田美術館蔵
国宝「曜変天目茶碗」中国・南宋時代、藤田美術館蔵

 奇跡や神秘といった言葉で語られる茶碗(ちゃわん)がある。世界で3碗のみ知られ、いずれも日本で国宝に指定される「曜変天目(ようへんてんもく)茶碗」だ。中国・宋時代の建窯(福建省)で作られた黒釉(こくゆう)茶碗の頂点とされ、制作技法は謎に満ちる。

 それぞれ目に触れる機会もまれな3碗が、現在、同時に公開されて話題となっている。東は東京の静嘉堂文庫美術館、西は奈良と滋賀で展示中だ。

 奈良国立博物館(奈良市)の「国宝の殿堂 藤田美術館展 曜変天目茶碗と仏教美術のきらめき」に並ぶのは、かつて徳川家康が愛蔵した品。

この記事は有料記事です。

残り819文字(全文1073文字)

あわせて読みたい

注目の特集