メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

’19知事選・青森

あす告示 一騎打ちの公算大 自公、三村氏支援固め 野党、佐原氏緩く「共闘」 /青森

 任期満了に伴う県知事選が16日、告示される。5選を目指す現職の三村申吾氏(63)=自民党県連、公明党推薦=と、歯科医師で新人の佐原若子氏(65)が立候補を表明しており、一騎打ちになる公算が大きい。自公が早々に三村氏の推薦を決め支援態勢を固める一方、野党は各党で温度差はあるものの4月に出馬表明した佐原氏の支援で足並みをそろえ、出遅れながらも緩やかな「共闘」に落ち着いた。野党にとっては夏の参院選へ向けた共闘態勢を占う選挙戦となる。【井川加菜美、岩崎歩】

この記事は有料記事です。

残り767文字(全文994文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 議員あぜん「なぜこの資料あるのに示さなかったのか」 「桜」野党ヒアリング2回目詳報

  2. オジー・オズボーンさんパーキンソン病告白 メタルの帝王「困難な状況だ」

  3. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

  4. 「桜を見る会」廃棄されたはずの内閣府資料あった 2014~19年の招待者数も公表

  5. 論点 橋下徹さん「罪悪感なく公文書廃棄する政府の恐ろしさ」 桜を見る会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです