メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

漁業資料展

宮古・水産科学館で 昨年度の寄贈中心 26日まで /岩手

大型のヨコタの使い方を説明する伊藤隆司館長=岩手県宮古市の県立水産科学館で

 宮古市日立浜町の県立水産科学館で、2018年度に新たに寄贈された漁業資料を中心とした収集資料展が開かれている。東日本大震災の津波で多くの資料が流失した中、伝統遺産として保存に努めたいとしている。

 舟を動かす長さ4・6メートルの櫓(ろ)や羅針盤、漁船のイカリ、イカリ用のロープなど241点を展示。津波の被害を免れた高台の漁業者からの寄贈が少なくないという。

 年配者には懐かしい「ヨコタ」と呼ばれた竹製の大きなカゴ(横90センチ、奥行き70センチ、高さ45セ…

この記事は有料記事です。

残り240文字(全文468文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 人気ブランド店「Supreme」で窃盗 衣類など数百万円被害 大阪

  2. 注目裁判・話題の会見 細いながらもつながっていた父と子…ある出来事が引き金に 長男刺殺の元農水次官、16日午後判決

  3. 長男殺害の元農水次官「かわいそうな人生を送らせた」被告人質問で涙

  4. 桜を見る会 官僚「のらりくらり答弁」の背後に何があるのか

  5. 2019年ヒット商品ベスト30 1位は女性も着る作業着「ワークマン」 2位は「タピオカ」 3位は「PayPay」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです