メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

とうほく彩発見/宮城

平和な心で季節味わい=橋本建哉さん /宮城

橋本建哉・宮城県産業技術総合センター総括研究員

 <TOUHOKU SAIHAKKEN>

災いのない「令和」を願う 橋本建哉さん(宮城県産業技術総合センター総括研究員)

 連休が明けた火曜日のこと。仕事を終え自宅に帰ると台所から魚を炊くいい香りがする。しばらくして食卓に大きな真鯛(まだい)の兜煮(かぶとに)が登場した。魚屋に寄ったら、おいしそうな鯛のアラを売っていたので買ってきたとのこと。早速、塩釜の蔵元の純米酒を、とっくりに入れて火にかけた。

 真鯛は、なんと言ってもお祝い事には欠かせない魚の代表だが、高価な魚だからか宮城の海にいないのか、子…

この記事は有料記事です。

残り1147文字(全文1395文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男子2位は「プリンス」服部勇馬 コース何度も試走、徹底した準備 MGC

  2. 男子3位の大迫傑「完敗。悔しい。最低でも2番と考えていて、中途半端」 MGC

  3. MGC STORY 鈴木亜由子「早熟」評価覆してくれた監督と集大成へ

  4. MGC STORY 前田穂南 芯の強さで台風の日も練習 補欠だった高校時代から才能大きく開花

  5. 千葉停電 被災者「あきれた」「県外避難も」 東電説明二転三転

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです