メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

伊達政宗

人柄にじむ礼状 茶人・織田有楽斎宛て 東北大名誉教授が鑑定 河北の寺所有 /山形

 河北町の永昌寺が所有する、戦国武将の伊達政宗から茶人の織田有楽斎に宛てた書状を研究者が解読したところ、礼状だったことが分かった。「雨の中おいでいただき何のお構いもできなかったがゆっくり話ができた」とたわいもない内容だが、東北大の入間田宣夫名誉教授(日本中世史)は「政宗の人柄が読み取れる資料だ」と指摘する。

 書状は掛け軸に貼り付けられたもの。住職の布川〓哉さん(72)が約20年前、寺で開く茶会用に購入した…

この記事は有料記事です。

残り472文字(全文676文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 井岡、日本選手初の4階級制覇 WBOスーパーフライ級王者に
  2. この世界の片隅に NHKで8月3日に地上波初放送 特番「#あちこちのすずさん」も
  3. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  4. 小田急線が脱線 踏切で乗用車と衝突 本厚木-伊勢原間で上下運転見合わせ
  5. 新潟県下越で震度6強 新潟、山形、石川に一時、津波注意報

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです