メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

バリアフリー

草津温泉、女性トイレに車いす用統合 「後退」懸念 町再整備計画、「見直しを」 /群馬

新たな商業施設の建設予定地は「地蔵の湯」の北側(写真奥)。町の計画案によると、取り壊されて通路が設けられる場所を指し示すNPO法人草津湯治の会の仲井晋二理事長=群馬県草津町草津で

 草津温泉の「地蔵の湯」周辺で進められている再整備計画を巡り、施設内の車いす用トイレが女性用トイレに統合されることが判明し、温泉客や関係者からバリアフリーの「後退」に懸念の声が上がっている。地元住民は8日、草津町に計画見直しを求める要望書を出した。町側は「場所がないのでやむを得ない。車いす専用トイレは(約300メートル離れた)湯畑に行けばある」として、住民らの要望には応じない構えだ。【鈴木敦子】

 地蔵の湯は「時間湯」と呼ばれる伝統的な湯治法を行う数少ない施設で、年間延べ数万人が利用する。中には…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 神羅万象チョコ 15年の歴史に幕 累計1億2575万個販売 7月に最終弾発売
  2. 屋久島孤立 下山232人のうち25人到着 残留34人の救助始まらず
  3. ORICON NEWS 『名探偵ピカチュウ』米興行、予想を上回る好成績 「ゲーム原作映画はヒットしない」定説を覆す?
  4. WEB CARTOP [譲らないのも道交法違反]後ろから速いクルマが迫ってきたときはどうする?
  5. 屋久島豪雨「命の危険感じた」 車中で一夜、下山の男性

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです