メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

バリアフリー

草津温泉、女性トイレに車いす用統合 「後退」懸念 町再整備計画、「見直しを」 /群馬

新たな商業施設の建設予定地は「地蔵の湯」の北側(写真奥)。町の計画案によると、取り壊されて通路が設けられる場所を指し示すNPO法人草津湯治の会の仲井晋二理事長=群馬県草津町草津で

 草津温泉の「地蔵の湯」周辺で進められている再整備計画を巡り、施設内の車いす用トイレが女性用トイレに統合されることが判明し、温泉客や関係者からバリアフリーの「後退」に懸念の声が上がっている。地元住民は8日、草津町に計画見直しを求める要望書を出した。町側は「場所がないのでやむを得ない。車いす専用トイレは(約300メートル離れた)湯畑に行けばある」として、住民らの要望には応じない構えだ。【鈴木敦子】

 地蔵の湯は「時間湯」と呼ばれる伝統的な湯治法を行う数少ない施設で、年間延べ数万人が利用する。中には…

この記事は有料記事です。

残り634文字(全文883文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  2. マスク着用や消毒を徹底 水害後の感染症に警戒を

  3. 千曲川決壊、過去最大の水量による水圧 越水も重なる 台風19号

  4. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  5. おげんさんといっしょ 「#おげんさん」再び世界トレンド1位に 第3弾もSNS大盛り上がり

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです