メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

囲碁

第74期本因坊戦 第2局 甲府で22、23日 囲碁と文学、近い関係 三枝・県立文学館長 /山梨

三枝山梨県立文学館長

三枝〓之・県立文学館長

 山梨県立文学館は文学を基本に、日本の文化の魅力を広く県民に届ける活動を続けています。開館30周年という記念すべき節目に、権威と格式のある本因坊戦を開催することができ、囲碁と文学館への注目度も高まっています。

 囲碁と文学は一見無関係に見えますが、「源氏物語」や松尾芭蕉にも囲碁の場面が登場しますし、関係は浅くありません。人間の営みすべてをカバーするのが文学です。囲碁のような一点に集中しながら自分の宇宙を広げる精神性の高い領域とのマッチングはいいのです。縁側で独り碁を黙考する姿、文学の創作現場の孤独な葛藤…

この記事は有料記事です。

残り397文字(全文661文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  2. おげんさんといっしょ 「#おげんさん」再び世界トレンド1位に 第3弾もSNS大盛り上がり

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 大規模河川の堤防も対応能力超え決壊 そのメカニズムとは

  5. 避難所が被災 孤立の住民ようやく救出 福島郡山 新たな雨に不安深く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです