メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

まちづくり対談

主体は市民支えるのが行政 岐阜、飛騨市長が岐阜大で /岐阜

言葉を交わす飛騨市の都竹淳也市長(左)と岐阜市の柴橋正直市長=岐阜市柳戸の岐阜大で

 岐阜市の柴橋正直市長と飛騨市の都竹淳也市長が13日、岐阜大で地域の課題解決やまちづくりについて対談した。同大の全学共通教育科目「まちづくりリーダー入門」の一環で、1年生21人、2年生1人の計22人が受講した。

 担当した同大工学部の高木朗義教授は授業について、「学生には市長の話から、何事にも主体的でさまざまな人たちとともに目標に向かって協力するリーダーの姿勢を学んでほしい」と説明した。2市長はまちづくりの現状を講義する中で、…

この記事は有料記事です。

残り323文字(全文537文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎、国内発生100人超に 北海道や埼玉で新たな感染者 未就学児も 

  2. 中居正広さん、ジャニーズ3月末退所し独立 遺骨手に「ジャニーさん、力をくれ」

  3. 愛子さまが学習院大文学部へ進学 推薦入試合格

  4. SMAP再結成「ゼロではない」 中居正広さん「燃え尽き」否定も仕事への意欲湧かず 

  5. 豪、イスラエルに帰国のクルーズ船下船者、新型肺炎感染を確認 日本側検査で陽性者なし

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです