メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

企画展

漢詩・書道の大家、湖山の作品など紹介 来月末まで長浜で /滋賀

小野湖山にスポットをあてた企画展=滋賀県長浜市北野町の五先賢の館で、若本和夫撮影

 江戸末期から明治時代にかけて活躍した漢詩・書道の大家、小野湖山(こざん)(1814~1910年)の作品やゆかりの品を紹介する企画展が長浜市北野町の文化施設「五先賢の館」で開かれている。6月30日まで。

 湖山は現在の長浜市高畑町生まれ。初めは医学、のちに詩を学び、三河国吉田藩(愛知県)に仕えたが、安政の大獄で幽閉された。明治維新後は詩人として活躍し、「湖山楼…

この記事は有料記事です。

残り271文字(全文451文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
  2. 発言遮り「極めて無礼でございます」 徴用工問題 河野外相の怒りの伏線は…
  3. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  4. 参院選 21日に投開票 「改憲勢力」維持は厳しい情勢
  5. 宮田恒男遺作展 没後見つかった絵画50点 “青年”が生きた証し 山口 /山口

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです