連載

表現者たち

毎日新聞デジタルの「表現者たち」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

表現者たち

映画監督 本木克英さん(55) 時代劇の魅力、次世代へ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
映画「居眠り磐音」の本木克英監督=大阪市中央区で、倉田陶子撮影
映画「居眠り磐音」の本木克英監督=大阪市中央区で、倉田陶子撮影

 <ぐるっと兵庫・大阪・京都 カルチャー>

映画は省略の芸術。シナリオを映像化する際にどれだけ省略を重ねられるか。それがいい映画の作り方だと思います。

 「平成で最も売れた時代小説シリーズ」と言われる佐伯泰英原作の「居眠り磐音(いわね)」が松坂桃李を主演に迎えて映画化され、17日に全国公開される。時代劇の現場を数多く経験してきた本木克英監督に今作にかける思いを聞いた。【倉田陶子】

 悪に立ち向かい事件を解決するヒーローと下町の人々との交流、そして胸を締め付けるような男女の愛。「時代劇の楽しさが詰まった作品。時代劇に触れる機会が減っている今だからこそ、次の世代にその魅力を伝えていきたい」と話す。

この記事は有料記事です。

残り765文字(全文1062文字)

あわせて読みたい

注目の特集